【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化悩む人

仕事でOutlookを使っていて、メールを入力している途中で、突然画面が消えた。作成していたメールがどこにいったか探してみると、送信済みアイテムに入っている。まだ途中だったのに・・・送信ボタンも押していないのにどうして!?

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化悩む人

Outlookでメールを作っていると、送信のショートカットキーをいつの間にか押している事がある。ショートカットを無効にできないのかな?

OutlookはMicrosoftのメールソフトですが、仕事で利用しているひとも多いのではないでしょうか。

長い間メールを使っていると、意図せず「メールを作っている途中で送信されてしまった」経験、ありませんか?

この記事ではOutlookの誤送信を防ぐため、ショートカットキーの無効化方法をご紹介しています。

補足:この記事を書いている人

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

事務歴数十年のごんです。
事務作業やゲームなどパソコンを触る機会が多かったため、文字の入力はブラインドタッチです。

そんな私も何を隠そう「Outlookで途中段階のメールを送信してしまった経験」が2回もあります。

どちらの失敗も、マウスで送信ボタンを押したのではなく、Alt+Sのショートカットキーを知らないうちに押してしまったことが原因です。

カタカタカタカタと入力するのはいいけど、違うキーも触れてちゃだめですよね。
しかもお客様宛てに、途中のメールを送信するとか・・・( ^ω^)ゴフッ

私のように同じ失敗をしたことがあるひとも、そうでないひとも、予防のためにOutlookの送信のショートカットをOFFにすることをお勧めします。

目次

Outlookで作成途中のメールが勝手に送信されたことはありませんか?

Outlookでメールを作成するとき、作成中のメールが別窓で表示されます。
その別窓で表示されていたはずのメール画面が、突然消えたことありませんか?

そしてメールの行方は、下書きフォルダにもゴミ箱にもなく・・・送信済アイテムで見つかります。

途中のメールが送信済みアイテムに入ってる。
血の気がひきます。

では、なぜそんなことが起こるのか?
マウスには一切触れていないのにどうして?

結論:原因はOutlookのショートカットキーです

Outlookでメール作成のウィンドウを開いているときに

宛名が既に入っている
件名が入力されている

上記の条件を満たしている状態でAlt+Sを押すと

送信しますか?なんて確認もないまま
即!メールを送信
してしまいます。

因みに、

宛名が入っていない状態で Alt+S を押すと

送信先を指定する必要があります。
名前を少なくとも1つ入力していることを確認してください。

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

Microsoft Outlook

と表示され、

件名が入っていない状態で Alt+S を押すと

このメッセージを件名なしで送信しますか?

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

Microsoft Outlook

と表示されるため即送信されないので、助かります。

宛名を最後に入れればいいのでは?→先に入れたいタイプなのです

宛名を最後に入力すればいいんじゃないの?
確かに、この方法で誤送信は回避されると思います。

ですが私のように

上から順に埋めて行きたい
宛名から入れる癖がついている

人は、次の方法をお勧めします。

Outlookの一部のショートカットキーのみ無効にする方法

間違えてキーを触ってしまうなら、ショートカットキーを無効にすればいいんじゃないか?

しかし、Outlookの設定には「ショートカットキーを無効」にするものはありません。

そこでグループポリシーを利用して、無効にする方法をご紹介します。

手順1:officeのグループポリシー管理用テンプレートをダウンロードする

ここからは手順を説明しますが、「グループポリシーってなに?」など説明ははぶきます。(なぜなら、私もよく分からないから)

利用しているOutlookのバージョンとに合わせてダウンロードします。

Outlookのバージョンの調べ方

365以外のOfficeを利用している場合

Outlook〇〇の〇〇の箇所がバージョンになります。

デスクトップにアイコンがある場合はその表示を確認
アイコンに表示されていない場合は右クリックのプロパティで
Outlookを立ち上げた状態でタスクバーのOutlookアイコンを右クリックする

サブスクリプションを利用している場合

Office365の場合は、アイコンにバージョンが表示されないので、Outlookを立ちあげてOfficeアカウントを確認します。

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

手順1: Officeのグループポリシー管理用テンプレートダウンロード 方法

STEP
Officeのグループポリシー管理用テンプレートダウンロード

上記リンクをクリックするとMicrosoft公式画面にジャンプします。

※Office 365 ProPlus、ボリュームライセンス版 Office 2019、ならびに Office 2016 は全ておなじテンプレートになります

STEP
ダウンロード

日本語、もしくは英語で表記されていると思うので、赤いダウンロードボタンをクリックします。

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

32 bit 、 64 bit、86bit 向けがありますが、テンプレートの中身はどちらでも同じなのでどちらか一方をダウンロードします。

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化
STEP
.exeファイルを開く

ダウンロードが終了すると.exeファイルが保存されているので、ダブルクリックします。

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?

と表示された場合は「はい」をクリックします。

利用規約が表示されるので、チェックを入れてContinueを押します

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化
STEP
一時保存先を選ぶ

フォルダーの保存先が表示されるので、テンプレートファイルを一時的に保存する場所を選択します。
デスクトップに新しいフォルダーを作成してもOKです。
自分の分かりやすいところに保存しましょう。

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

ダウンロードが完了したらOKです

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

手順2:ダウンロードしたファイルの必要なものだけコピペする

手順1でダウンロードしたグループポリシー管理用テンプレートの中には、Outlookだけに限らず、ExcelやWordなどMicrosoft officeのデータがすべて入っています。

今回はメールのショートカットキー操作を変更したいので、Outlookのテンプレートを移動する方法のみのご紹介します。

なお、今回の手順でコピー&ペーストするアイテムは2つあります。

1つ目).admxファイルのコピー&ペースト

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

コピー元

手順1で保存したファイルの中

admx

outlk〇〇.admx

※〇〇にはバージョンによって異なる数字が入ります。

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

コピー先

パソコン

Cドライブ

windows

PolicyDefinitions

※ドメイン環境の場合は
管理者権限を持つユーザーでCドライブ→Windows→Sysvol→domain→Policies→PolicyDefinitions

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

2つ目).admlファイルのコピー&ペースト

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

コピー元

手順1で保存したファイルの中

admx

ja-jp

outlk〇〇.adml

※〇〇にはバージョンによって異なる数字が入ります。

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

コピー先

パソコン

Cドライブ

windows

policydefinitions

ja-JP

※ドメイン環境の場合は
管理者権限を持つユーザーでCドライブ→Windows→Sysvol→domain→Policies→PolicyDefinitions→ja-JP

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

手順3:グループポリシーエディターで設定する

長い道のりでしたが、この手順で終了です。

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化
STEP
gpedit.msc を表示させる
【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

ここに入力して検索に「gpedit.msc」と入力し検索し、結果をクリックします

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

上記ボックスが表示されていない場合は Windowsキー+Rでファイル名を指定して実行を立ち上げて「gpedit.msc」検索します

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化
STEP
ローカルグループポリシーエディター

ローカルグループポリシーエディターが表示されるので、

ユーザーの構成

管理用テンプレート

MicrosoftOutlook〇〇

ユーザーインターフェイスの項目を無効にする

ユーザー設定

ショートカットキーを無効にする

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

※手順2がうまくいってないと、エディター上にMicrosoftOutlookが表示されません

STEP
表示をクリックする
【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

ショートカットキーを無効にするのウィンドウが表示されるので、有効にチェックをいれて、オプションの表示を押します

STEP
送信のショートカットをオフにする

今回は送信のショートカットをオフにしたいので、
83,16 と入力します。

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

OKをクリックして適用で完了です。

Outlookを立ち上げなおしてAlt+Sのショートカットが効かないか確認してみましょう。

余談:無効にするキーの入力方法

その他にも、無効にしたいショートカットがある場合は下記の画像を参考に追加してみてください。
※入力する順番は重要です。
たとえば、今回の場合は83,16でしたが16,83と入力すると作動しません。

【解決】Outlookで途中のメールが勝手に送信されてしまう問題→ショートカットの無効化

手順を全て行ったけどうまくいかない場合

上記手順をすべて行ったけど、Alt+Sがまだ動く場合は下記の項目を確認してください。

Outlookのバージョンに対応しているテンプレートをダウンロードしましたか?
データのコピペ先や、元を間違えていませんか?
ショートカットキーを無効にするのウィンドウで、無効にチェックをつけていませんか?
無効にするキーの入力は 83,16 となっていますか?
Outlookを立ち上げなおしましたか?

まとめ:Outlookで勝手にメールが送信させることがなくなった

Outlookのショートカットキーを無効にするためには、手順を3つ踏まないといけないので手間がかかります。

しかし、設定してしまえば「ショートカットキーを触って作成途中のメールが送られる」ことはありません。

私のように何度も失敗した経験のある方、是非お試しください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

お手数でなければシェアしてください

この記事を書いた人

ごんのアバター ごん でざいなー

デザイン・パソコン・副業がお好き

Excelやillustratorの使い方
日々の生活で効率をあげる方法など
あらゆることを書いています

目次
閉じる