function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現

WordPressのテーマをカスタマイズする際に、function.phpを追記するひともいますよね。

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現ごん

function.phpに追記したはずなのに、保存されていないぞ…

phpを更新した際、

「何かうまくいかなかったようです。変更が保存されていないかもしれません。手動で修正し、FTP 経由でファイルをアップロードすることもできます。」

と表示されることがあります。
「何かうまくいかなかったようです」と表示された場合、「何か」が何かを探し出し、自分で解決しないと永遠に更新されません。

この記事ではWordPressでphpが更新失敗した際に行う対策方法をご紹介します。

この記事を読んでほしいひと

WordPressでphpを更新したら

「何かうまくいかなかったようです。変更が保存されていないかもしれません。手動で修正し、FTP 経由でファイルをアップロードすることもできます。」

と表示されたひと

誰か助けて…
function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現
目次

<WordPress>function.phpなどphpの更新がうまくいった場合の表示

まず、どのような表示になると.phpの更新が成功しているのか?

ファイルの編集に成功しました。

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現

このように表示されると、無事更新が完了しています。

反対に、

「何かうまくいかなかったようです。変更が保存されていないかもしれません。手動で修正し、FTP 経由でファイルをアップロードすることもできます。」

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現

このように表示されると、phpの更新が失敗しています。

WordPressでfunction.phpが更新されないときの対処方法

レンタルサーバーのセキュリティ(WAF)の設定

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現ごん

わたしの原因は、まさにこれでした

WAFとは?

他社からの攻撃をブロックしてくれるセキュリティ対策のひとつです。
エックスサーバーにはWAFの機能が備わっています
(※レンタルサーバーによって、有無がわかれます)

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現ごん

折角セキュリティ対策されているのに、自分から切りたくないな…

そこでおすすめの方法は、

  1. レンタルサーバーでWAF(セキュリティ)を外す
  2. WordPress上でfunction.phpなどphpを更新する
  3. レンタルサーバーでWAF(セキュリティ)を有効にする
function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現ごん

少し面倒ですが、私のように被害が出る前にセキュリティ対策は万全にしておくことをおすすめします

エックスサーバーでのWAFの設定変更方法

STEP
エックスサーバーのサーバーパネル

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

STEP
WAF設定を開く
セキュリティのカテゴリーの中にあるWAF設定を開きます
function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現
function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現
STEP
ドメインを選択する

.phpを更新したいドメインを選択します

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現
STEP
PHP対策を無効にする

エックスサーバーのWAF設定はいくつかありますが、今回はfunction.phpを変更したいだけなので、PHP対策のみOFFにして確認画面へ進みます。

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現
STEP
設定を完了する

確認画面が表示されるので、確認後、設定するのボタンを押します

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現
STEP
反映待ちと表示されたら1時間程まつ

設定は以上で完了ですが、

反映待ちと表示されたら、
反映されるまでに1時間弱

かかります。

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現
function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現ごん

反映待ちの表示が消えたら、phpを更新して、再度この設定を行いONにしておきましょう

<?php ~の前に何か記載されている

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現

プラグインに問題がある

セキュリティ系のプラグインをいれている方や、そのほかのプラグインでも

「何かうまくいかなかったようです。変更が保存されていないかもしれません。手動で修正し、FTP 経由でファイルをアップロードすることもできます。」

と表示されてしまう可能性があります。

この場合は、1つ1つプラグインを停止しながら確認してみましょう。

余談:レンタルサーバーにWAFがついていなければ注意

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現ごん

わたしが使っているエックスサーバーはWAFがありますが、ついていないレンタルサーバーもあります

昔、ほったらかしにしていてセキュリティが甘かったサイトが2つほど乗っ取られる事態となりました。

全く更新していなかったので、ぜーーーんぶ削除しましたが、このブログがそうなっていたらと思うと恐怖で震えます。

レンタルサーバーはセキュリティ対策がしっかりしているエックスサーバーがおすすめです。

function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現 function.phpを更新したら「何かうまくいかなかったようです」と出現

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

お手数でなければシェアしてください

この記事を書いた人

ごんのアバター ごん でざいなー

デザイン・パソコン・副業がお好き

Excelやillustratorの使い方
日々の生活で効率をあげる方法など
あらゆることを書いています

目次
閉じる