画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

まず初めに大事なことを言わせてください

今回おすすめするソフトは

買切りです

世の中にたくさんの便利ソフトが出回っています。
しかし、そのほとんどが「サブスクリプション(月額や年額払いのこと)」です。

どんなに便利なものでも「毎月お金を払う」ことに躊躇してしまうひとはいますよね。

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

サブスクよりは買い切りが好きです

今からおすすめするソフトは「買い切り」で約3500円ほどで、一度購入すれば永久に無償でアップデートを受けられます。

目次

余談:Eagleを使う前までの素材管理方法

Eagleに出会う前まで、私の素材管理は

・PC・クラウド内のフォルダにまとめる
・Notion内にまとめる

でした。

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ
わたしのNotionの①ページ


しかし、ノーションでは保存しきれないものや、プレビュー表示がされない拡張子が多数あります。

そこに小林さん(@pulpxstyle)の下記ツイートが・・・

そこで「Eagle」を使ってみましたが、

これは誰かひとにすすめたい!

私なりにEagleの嬉しかった機能をまとめたので、参考になれば幸いです。

画像やフォント、なんでも管理できる「Eagle」

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ悩む人

画像管理ソフトなんてなににつかうの?

一例ですがわたしの使い方をご紹介します。

  • 気に入ったデザインの画像を保存
  • Twitterのtips画像を保存(個人利用に限る)
  • 使っているフォントを保存
  • 作成したイラストの管理
  • Aiデータの管理
  • モーションデザインの管理
  • 動画データの管理
  • ブックマークの管理
  • レクチャー動画の管理

たとえば、これらを一括で管理しようとしても、Aiデータに対応していなくてプレビュー表示されなかったり、動画データが静止画としてしか表示されなかったり・・・

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

全部同じ場所に保存して、すべてのプレビューが見れたらいいのに

あらゆるデータをプレビュー表示してくれるソフトが

Eagle

なのです

Eagleで管理できるビューアーの一例

イラスト、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、UIデザイン、音声データ、フォント、Gifなどなど

実にさまざまな素材を整理することが可能です

Eagleの対応フォーマット一覧

対応フォーマット

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ
画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

と、ここまでの情報は公式ページを見ればもっと詳しく書かれています。

ここからは実際に使ってみて

めっちゃいいやんこれ!

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ

と思った理由をまとめます。

これ知ってる?痒いところに手が届くEagleの神技!

Eagleの神技機能1:同じ画像を判断してくれる

ネット上の画像を保存していると、ついつい「前に保存した画像と重複」する事件が発生しますよね。

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

しかしEagleは同じ画像を発見すると、すかさず確認してくれます

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ

しかもこの確認、なんと

画像の名前が違うのに重複と判断してくれる

という優れもの。

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

個人的にこの機能は、かなり嬉しい

Eagleの神技機能2:ピンタレストのボードから一括保存が可能

何百枚の画像をひとつひとつ保存するのは大変ですが、Eagleならピンタレストのボード画像を「一括で保存」することが可能です。

実際に自動保存している画面

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

ピンタレストの画面がスクロールしている間も自動です。
私がマウスを触ったのは最初の右クリックと、最後のEagleを開いている画面のみです。
Tampermonkeyを使いますが、設定は簡単です

詳しくは公式のヘルプページを参考にしてください。

この方法を使えば、Designの引き出しを増やすこともかんたんです。

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ

Eagleの神技機能3:プレビュー画面で使われている色が分かる

保存した画像の「配色が素敵だな」と思ったとき、Eagleならプレビュー状態ですぐにカラーコードを判別することができます

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ

対象の画像を選択している状態で右上を確認すればOK!

マウスをホバーするだけで、カラーコドまで表示されます。
クリックすれば同じ色を使っている画像の検索も楽々!

Eagleの神技機能4:ライブラリをCloudに保存すればどのパソコンからでも使える

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

Eagleの画像などすべてのデータを保存している場所を「ライブラリ」と呼びますが、こちらは「クラウド」に保存することができます

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ

CreateCloudやiCloud、Dropboxなどに保存しておけば

WindowsでもMacでも
1ライセンスで2台まで使うことができる

データの共有が楽になること間違いなしです

Eagleの神技機能5:豊富なアイコンで分類も楽しく

Eagleのフォルダにはアイコンをつけることができます。
更に、色分けもできるので、分類が一目瞭然。

アイコンの一部

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ

カラーも豊富

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ

メインフォルダのアイコンを決めた後に、サブフォルダを作るとアイコントカラーが引き継がれます。

まさに痒いところに手が届く機能ですね。

わたしのEagle画面を紹介します

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

最後になりましたが、実際にわたしが使っているEagleの画面をご紹介します

Eagleを使っている参考動画

動画ではお見せしていませんが、Twitterなどでの有力情報も保存しています。

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

余談ですが、Chromeの拡張機能Twitter メディアダウンローダを使えば、Twitter上の画像を一括自動保存できます

※Twitterの画像をパソコン内に保存することは問題ありませんが、保存したデータを第三者に共有したり、自分のもののように公開することは著作権侵害にあたります

アイコンやカラーで分類

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

Eagleのフォルダはアイコンも選べて、さらに色もつけれるから、分類が一目瞭然!

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ

作成したイラストデータの保存

Eagleを使うことで、作成したillustratorの素材管理も簡単に。
「あのデータどこいった?」こんな悩みはもうありません。

プレビュー表示される管理画面から、すぐに欲しいデータを探し出せます。

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ

お気に入りのURLをブックマーク

気に入ったサイトのURLを保存して、Eagle内で開くこともできます。
参考になるサイトをブックマーク感覚で保存していきましょう。

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ
引用:働くビビビットさん

お気に入りの動画をブックマーク

サイトだけでなく、YouTubeもEagle上で開くことができるので「どこかでみたあの動画、どこ行った?」なんてことがなくなります

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめ
引用:AdobeMAX(鷹野 雅弘さん)

まとめ:Eagleは控えめにいっても神ソフト

画像やAiデータ、フォントの管理に「Eagle」がおすすめごん

どれだけ保存してもサクサク動くEagleは、ほんと素晴らしい

画像やAiデータ、フォント、動画を一括で管理したい方におすすめのソフトが、今なら買い切りで購入できます。

1ヶ月無料利用もできるので、まずはお試しにいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

お手数でなければシェアしてください

この記事を書いた人

ごんのアバター ごん でざいなー

デザイン・パソコン・副業がお好き

Excelやillustratorの使い方
日々の生活で効率をあげる方法など
あらゆることを書いています

目次
閉じる