PC全般

EXIF情報付き写真をSNSにアップしたら位置情報や氏名がばれる?

この記事は 3 分48秒くらいで読めます。

スマートフォンやデジタルカメラで写真を撮る際、写真にはExif情報が保存されます。Exif情報の中には、撮影場所の位置情報(GPS)や撮影者名など、個人情報が沢山保存されています。では、何も知らないままその写真をSNSにアップしたらどうなるのか?今回は主要なSNSのExif情報管理についてまとめます。

EXIF情報付き写真をSNSにアップしたら位置情報や氏名がばれる?
Exif(イクジフ)情報とは?

デジタルカメラで撮影した画像データに、撮影条件に関する情報を追加して保存できる、画像ファイル形式の規格のことです。 撮影した画像データと併せて、撮影した日時やデジタルカメラの機種、絞り値、画素数、ISO感度、色空間、といった情報をまとめて記録することができる。
Weblio辞書

Exif情報が保存されたままの写真をSNSにアップするとどうなるのか?

EXIF情報付き写真をSNSにアップしたら位置情報や氏名がばれる?
結論としては、主要なSNSでは投稿された写真の位置情報については自動で削除されるようになっています
EXIF情報付き写真をSNSにアップしたら位置情報や氏名がばれる?
それでも心配な方のために、SNSごとに細かく説明していくにゃ

自動で削除されるとわかっていても心配な方や、大手のSNS以外にアップしている方、ブログやサイトに使っている方。Exif情報を簡単に削除する方法があるので試してみてください。

TwitterのExif情報

画像のExifデータはどうなりますか?

位置情報サービスがオンになっている場合、作成画面に画像を追加すると、画像のExifデータに基づいておすすめの位置情報が表示されます。
さらに、Twitterは、ツイートされたメディアが端末のカメラで撮影されたものかどうかを分析するために、Exifデータを使用します。
Twitterでは、画像処理を目的として一時的にExifデータを保持します。このため、Twitterで画像を閲覧してもExifデータにはアクセスできません。

EXIF情報付き写真をSNSにアップしたら位置情報や氏名がばれる?
Twitterでは画像をアップした時点で、Exif情報は自動的に削除されています。しかし、Twitter自体の位置情報サービスがオンになっている場合は、おすすめの位置情報などが表示されます。
EXIF情報付き写真をSNSにアップしたら位置情報や氏名がばれる?
Twitterの位置情報は、アプリ内の設定→一般設定→位置情報でオンオフ切り替えれるにゃ

Twitterの場合

写真をアップロードしてもExif情報は保存されないので、ほかの人が写真をダウンロードしても位置情報がばれることはない
Twitterの位置情報設定をオンにしていると、写真のExif情報から”おすすめの位置情報”などが表示されるので注意が必要

InstagramのExif情報

EXIF情報付き写真をSNSにアップしたら位置情報や氏名がばれる?
Instagramでは第三者が画像をダウンロードしても、Exif情報は自動的に削除されているよ

facebookのExif情報

EXIF情報付き写真をSNSにアップしたら位置情報や氏名がばれる?
facebookでは第三者が画像をダウンロードしても、Exif情報は自動的に削除されているよ

まとめ

Twitter・インスタ・フェイスブックといった人気のあるSNSツールでは、投稿時にExif情報が自動で削除されるため、アップした写真の位置情報から特定されるということはありません。

EXIF情報付き写真をSNSにアップしたら位置情報や氏名がばれる?
それでも映り込んでいる情報や、例えばガラスや瞳に映っている情報から解析し場所を特定することも可能ですので、写真をアップする際は注意して行ってくださいね

写真に登録された位置情報をパソコン・スマホを使って削除する方法もご紹介しているので、どうしても気になる方はSNSにあげる前に削除してくださいね。