MENU

Category カテゴリカテゴリ

PC/Gadget パソコン・ガジェット
Soft/App ソフト・アプリ
Entertainment エンタメ・イベント
Shopping お買い物
D.I.Y. セルフリフォーム
Download ダウンロード

パソコン関連のお得情報

マイクロソフトオフィス
マッキントッシュ
ウインドウズ
Adobe イラストレーター
ワードプレス
Apple iPhone
iPad & Apple Pencil
アプリ

©Goblog ごぶろぐ
created by N/A | powerd by SWELL

ソフトやガジェットのPR記事依頼はお気軽にお問い合わせください
  • D.I.Y.

Wordで数式入力にもうウンザリ。iPadを使って手書きで数式をデータ化する方法

[chat face=”kaisya_komaru_woman.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]1+2=3みたいな簡単な数式ならいけど、微分積分や分数。特殊な記号を使っての数式を入力するのはとても面倒。[/chat]

[chat face=”hyoujou_shinda_me_man.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]計算のレポートを、Wordで提出しなくてはいけないんだけど…。どうも数式の入力が億劫。手書きでできたらいいのに…[/chat]

数式をデータ化するのってとても面倒ですよね。
私も仕事で構造計算の書類を作る際に、Wordの数式を使うことがあります。
1ページや2ページくらいなら、問題なく入力できるかもしれませんが

数式が20ページ、50ページ、100ページ…

となってくると嫌になりますよね。

また、もともとパソコンの入力が得意ではない方にとっては、さらに地獄です。

この記事では数式をWordを使ってデータ化したいけど

入力が苦手
ページ数が多いので面倒
数式だけでも手書きで書きたい

そんな方のための、

紙に書くように数式を書いてデータ化する

とっておきの方法をご紹介しています。

目次

Wordで数式を手書きする方法

[chat face=”shigoto_woman_casual.png” name=”ごん” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]今回紹介する方法は、iPadをパソコンにつないで液晶タブレット化します。
この方法を使えば、Wordだけじゃなく、パソコンに入っているillustratorやPhotoshopなどあらゆるソフトをiPad上で動かすことができます[/chat]

Wordで数式を手書きするために必要な環境

Wordで数式を紙に書くように手書き入力するためには、

パソコン
Microsoftoffice Word2016以降(PC版)
iPad
ApplePencil
iPadとパソコンをつなぐケーブル

が必要になります。

ちなみに、iPad・ApplePencilがなくても

→マウスで手書きする
→ペンタブレットを使って手書きする
→タッチパネル可能なパソソコンを使っている

上記環境であれば問題ありません

今回はペンダブの代わりに、iPadとApplePencilを使う方法をご紹介します。

余談:iPadアプリのNeboでも数式をデータ化できる

iPadアプリのNeboでも数式を手書きするとデータ化されますが、Wordにデータを持っていく際に色々面倒だったので、今回は断念しました。

iPadをパソコンにつないで液晶タブレット化する

iPad側の設定

❶AppStoreからEasyCanvasをダウンロードします
❷2週間無料と有料買い切り(1400円)が選べるので、無料体験をクリックします
❸パソコンとケーブルでつなぐ

パソコン側の設定

EasyCanvas公式ページから、パソコン用のソフトをダウンロードし、インストールします
❷インストールすると常に勝手に駐在されるので、特に設定は必要ありません

[chat face=”shigoto_woman_casual.png” name=”ごん” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あとは、iPadとパソコンを、USBか無線(同一LAN上)でつなぐだけ[/chat]

管理人:ごん(デザイナー)

管理人:ごん(デザイナー)

「時短・楽したい」がモットー!Twitterでも情報公開しています
記事のライティング依頼やPR記事依頼・広告掲載のご依頼も受付中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次