PC全般

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

この記事は 4 分11秒くらいで読めます。

Wordで数式を入力する際に、知っておくと便利なショートカットをまとめてご紹介します。

ごん
ごん
この記事にかかれているショートカットを覚えておくと、Wordの数式入力のスピードが格段にあがります

Wordで数式の入力スピードを上げる

ごん
ごん
実際に仕事で構造計算書を入力する際に使いましたが、もっと早く知りたかった…!

なにごとも、効率よく行うためには

「調べること」

が大事です。

基本操作「数式の挿入」

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

Alt+Shift+=

Wordで数式を入力したくなったら、上記のショートカットを入力しましょう。
数式の入力ボックスが出現します。

基本操作「ショートカット入力」を適用させる

これから、Word数式で使えるショートカットをいくつかご紹介しますが、入力しただけでは適用されません。

Wordの数式ボックス内にショートカットを入力した後、

を入力する
✔半角スペースを入力する

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

ことでショートカットの内容が適用されます。

基本操作「=の位置を揃える」

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

揃えたい数式をマウスでドラッグして選択し、右クリックを押して「統合揃え」を選ぶと「=」で揃うようになります。

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

ショートカット「下付き文字」※例:X1

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方X_1

文字+_+下付きにしたい文字

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

ショートカット「上付き文字」※例:X1

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

X^1

文字+^+上付きにしたい文字

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方
ごん
ごん
^はキーボードのひらがなの「へ」の位置です

そのまま入力「分数やルート」

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

分数にしたいときは /
ルートにしたいときは 

を入力してスペースで変換するだけです

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

単位など「分数にしたくない」場合

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

/のまま表示したいのに、分数になってしまった場合は右クリックで修正できます

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

右クリック+分数(横)に変更

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方
ごん
ごん
kN/㎡やr/hなど単位として使いたいときはこの方法で修正しましょう

かける「×」の素早い入力方法

かける「×」の入力方法は2つご紹介します。

その1:日本語入力の状態で*アスタリスクを入れて、変換する

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

その2:数式の入力欄で\timesと入れてスペースを押す

ごん
ごん
個人的にはひらがな入力にするのが面倒なので、\timesを使っています

Wordの基本操作「改ページ」

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

Ctr+Enter

ごん
ごん
下に余白がたくさんあるときに、次のページへいきたいときは改ページを使います

エンターを押し続けて改行していってもいいのですが、そうすると、前のページで行を削除したり追加したときに文章全体がずれてしまいます。

後から修正することを考えると改ページがおすすめです。

Word基本操作「グループ化して頭揃え」

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

Shift+Enter

次の行でも同じ場所から数式を始めたいときなどにつかいます。

Word基本操作「空白を□や・で表示」

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

Ctrl+Shift+8

スペースを何回打ったなど他の行と合わせたいときに、スペースが見えるようになります。

ごん
ごん
スペースの□や・は印刷されないので安心してください

Wordの基本操作「斜体」

数式の中は斜体で表示されるように設定されていますが、

斜体を外したいとき
斜体にしたいとき は

Ctrl+I

Wordの基本操作「上書き入力モード」

数式をコピー&ペーストして上から数値を書き換えたいときは、Insertを押して「上書きモード」に変更します。

Wordで数式を入力する際に知っておくべきショートカットと使い方

注意点としては、3文字のところに4文字を上書きしたい場合。4文字目が入力できなくなってしまいます。
その際は、もう一度Insertを押して通常モードに変更しましょう

ごん
ごん
他にもたくさんショートカットはありますが、とりあえず数式を入力するときは、上記のことを覚えておくと効率があがります