MENU

Category カテゴリカテゴリ

PC/Gadget パソコン・ガジェット
Soft/App ソフト・アプリ
Entertainment エンタメ・イベント
Shopping お買い物
D.I.Y. セルフリフォーム
Download ダウンロード

パソコン関連のお得情報

マイクロソフトオフィス
マッキントッシュ
ウインドウズ
Adobe イラストレーター
ワードプレス
Apple iPhone
iPad & Apple Pencil
アプリ

©Goblog ごぶろぐ
created by N/A | powerd by SWELL

ソフトやガジェットのPR記事依頼はお気軽にお問い合わせください
  • D.I.Y.

<初心者ブロガー必見!>サイトURLは「https://」から始まっていますか?

ごん

突然ですが、あなたのブログのURLは「https://」から始まっていますか?「http://」になってはいませんか?

ブログのURLが

http://

となっている方はSSL化を行う必要があります。

そのサイトをSafariやGoogle Chromeを使って開くと、
「安全ではありません」「保護されていない通信」と表示されてしまうからです。

Safari
Google Chrome
目次

「http://」から始まるサイトは要注意

「http://」から始まるサイトはGooglechromeでは「保護されていないサイト」iPhoneのSafariでは「安全ではありません」と表示されてしまいます。

このままでも問題はないのですが、サイトに訪れた人にしてみれば気持ちの良いものではありませんよね。

疑問:なぜ安全ではないと表示されるのか?

極端に言えば、「http://」は鍵の掛かっていない家
それに対して「https://」はしっかり施錠された家

つまり「http://」は、空き巣に入り放題で「なんでも盗んで行って~」というようなオープンなハウス状態です。

ごん

因みに、httpsのsSecureの略で“安全な、危険のない”って意味です。

エックスサーバーとWordPressで「http://」を「https://」に変更する方法

ごん

それではここから「https」に変更する方法を紹介していきますが、その前に。必ず現時点でのバックアップをとることをおすすめします。

<エックスサーバー>SSL設定の方法

SSLとは、通信を暗号化する技術のことです。
「http」と表示されているサイトはSSLが導入されていないサイトです。
SSLを設定し導入すれば「https」表示に変更されます。

STEP
エックスサーバーのサーバーパネルへログイン

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします

STEP
SSL設定を開く
ドメインカテゴリー内のSSL設定を開きます
STEP
該当のドメインを選択する
STEP
SSLを設定する

独自SSL設定追加のタブを開き、確認画面へ進むをクリックします

STEP
確認画面
確認画面が表示されるので、追加するをクリックします
STEP
しばらく待つ

画像のように表示されるので、しばらく待ちます

STEP
完了
STEP
SSL設定を確認する

さきほどのSSL設定画面を開くと、「https」から始まるURLが追加されていることがわかります。

ここでひとつ注意が必要です。

反映待ちと表示さている間はSSL用アドレスを入力しても開くことができません。

使っているプラウザによって違いますが、下記のようにエラー画面が表示されます。

ごん

数10分〜1時間待てば表示されるので、少し時間をおきましょう

<WordPress>URL設定を変更する

ごん

時間をおいて、無事「https://」で表示されることを確認したら、WordPressの設定を変更しましょう

STEP
設定を開く
WordPressのダッシュボードから設定のなかの一般を選択します
STEP
URLを変更する

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)を「https://」から始まるものに変更します

STEP
保存して完了

変更を保存をクリックして完了です

<WordPress>ブログ内の内部リンク「http://」を「https://」に変更する

ごん

内部リンクを一括で書き換える場合はSearch Regexのプラグインを使いましょう

Search Regexの詳しい使い方は、下記の記事で紹介しています。

ごぶろぐ
WordPressで複数の画像やコード、リンクを一気に置き換える | ごぶろぐ ワードプレスで記事をサイトやブログを作成していて、後々「あそこのhtmlを変換したい」「複数使っているあの画像を一括変換したい」「何度も使ったあのショートコードを、...
STEP
Search Regexをインストールする
STEP
ツールからSearch Regexを選択する
STEP
検索と置換に入力する
ごん

ここは非常に大事なところです。URLの入力ミスをしないようにしましょう。万が一、入力ミスをして置換してしまった場合でも、ミスした内容を覚えておけばこのプラグインで再度置換することが可能です。

検索の窓:SSL化前のURL http://ではじまるブログのURL
置換の窓:SSL化後のURL https://ではじまるブログのURL

STEP
検索のボタンを押す
すべて置換を押してしまうと、置換してしまうので、まず最初に検索を押します
STEP
置換するリストを確認してすべて置換する

置換するリストが表示されるので、置換前・後の入力が間違っていないか再度確認し、問題がなければすべて置換をクリックして完了です

<エックスサーバー>前のURL(http)からのリダイレクト(転送)

ごん

次に、SSL化する前のURL「http://〜」からサイトに訪れても、自動で期に「https://〜」に転送するようリダイレクトの設定します。たとえば、http://back-old.chocogon.com←このリンクを踏んでも、ごぶろぐでは自動でhttps://chocogoon.comへ転送されています。

STEP
サーバーパネルを開く

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします

STEP
.htaccess編集を開く
ホームページカテゴリーの中の.htaccess編集をクリックします
STEP
該当のドメインを選択
STEP
使用前の注意を良く読みます
STEP
.htaccess編集を開く
ごん

念の為、中身をコピペして保存しておきましょう。

STEP
コードを貼り付ける

.htaccessの先頭部分に下記のコードを貼り付けて、確認画面へすすみます

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>
STEP
実行して完了

実行するを押して完了です。

ごん

http://自分のサイトのアドレス を開いて、https://に無事転送されているか確認しましょう。
万が一、サイトが表示されなくなった場合、.htaccessでなにかミスをしてしまった可能性があります。
コピーしておいた.htaccessを貼り付けて、一旦もとにもどしましょう。

管理人:ごん(デザイナー)

管理人:ごん(デザイナー)

「時短・楽したい」がモットー!Twitterでも情報公開しています
記事のライティング依頼やPR記事依頼・広告掲載のご依頼も受付中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次